スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアンのメニュー再現

白子のフライ

本日の夕食はししゃものフライ。
買い物の時にたまたまあった『タラの白子』を見て
即座に買い物カゴへ・・・。

昨年、訪れたとあるイタリアンの前菜メニューの中で
一番のお気に入りで家でもチャレンジしてみたい!!と
思ったのが、『白子のフライ』だった。

その日以来、私の料理チャレンジリストにピックアップ
されていたので、すでに決定しているししゃもフライに
『白子のフライ』も本日のメニューに参戦したというわけ・・・。

今回は初挑戦、さらには料理法を下調べすることなく
単にイメージ!!で、『白子のフライ』へ突入することに・・・。

調子よく、続々と仕上がっていくししゃもフライ。
塩、コショウで下ごしらえした白子をふと見ると・・・
塩がかかった部分がもともとの白さからさらに白く膨張したように
浮き上がっているではないか!!
・・・『気持ち悪・・・』(思わず内心叫んだ)

おそらく塩の浸透圧の加減と思うが、もともとがグロテスクな形状
(白子ちゃんごめんね!許して!)な上に、さらに不気味度が増して
なんとも言えぬ風情だったのよ・・・。

しかし、おいしい記憶は大したもんで、あの時のイタリアンの
『アレを食べたい!!』という思いの強さの方が
気持ち悪さを打ち負かして、めげることなく私を続行させた。

しかしながら、薄力粉を軽くまぶした白子を揚げ油の中へ投入してから
まもなく『なんじゃ、こりゃ~??』というような
真っ黒で不気味な物体が油の上に膜を張っているではないか!?
(アニメの妖怪人間べムの挿入歌の時に、不気味な紫の液体が
 ブクブクしているシーンにそっくり・・・)

揚げ物に迷いは禁物・・・というか、時間が勝負なので
めげそうなココロにカツを入れ、掬い杓子で黒い膜をすくう。
しばらくしてひきあげた白子もちょっと黒っぽい仕上がりだったけど
もう1バージョンの衣をつけて揚げた場合は大成功!!
衣はサクっ、噛むとジュワ~っと濃厚な白子が口の中に広がって最高!!
レモンをキュ~っと絞って、ビールといただいたら至福のひと時です。
お家でイタリアンメニュー再現できました~!!
(※画像の右奥が、ちょっと黒っぽい仕上がり。味は悪くないけど、見た目がね・・・笑)

ししゃも


(2人分)
・タラの白子・・・1パック

<衣液>
・卵・・・・・・・1個
・薄力粉・・・・・70g
・日本酒・・・・・70g

1.白子は、ひと口サイズ位の大きさにカットして、塩、コショウする
2.<衣液>の材料をボウルに入れ、混ぜ合わせて、白子をくぐらせ
  180度位の油で揚げる。

(※ししゃもフライは、ししゃもを衣液にくぐらせた後、パン粉をつけて揚げました。
  画像手前の白っぽいのは、衣液だけで揚げましたが、パン粉があったほうがサクサクおいしい。)






  

コメントの投稿

非公開コメント

<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
プロフィール

アロアロ

Author:アロアロ
おいしいもの、楽しいコトが大好き!!
趣味が高じて、パティシエ、ジュニア野菜ソムリエの資格も。楽しむための人生!!をモットーに日々、色んなことに
挑戦中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブログランキング
FC2ブログランキング
温泉宿名人
予約宿名人
簡単レシピ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。