スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食いだおれ『大阪』を食べつくす!?

あもパイ

りえぽんとの街歩きは、ここからスタート。
焼きたて・・・に心を奪われ、即購入の『食べ歩き』。

ウォーキングしながら、スティックパイをほおばる・・・
ニューヨークならよくありがちなかっこいい風景。でも、ここはディープ天王寺でっせ(笑)

それにひと口かじったパイからは、あんことお餅が顔をのぞかせて『こんにちわ』!!
『あもパイ』・・・めっちゃジャパニーズやん!!

とか、わいわいしゃべりながら、四天王寺に向かって北上。
古い民家があって、かわいいカフェができてたりして、のんびり落ち着いた感じの町並みです。

そんなに歩いてもないのに、ランチタイムです(笑)
以前から気になっていたワイン専門店『Wassy's』のレストラン『Wassy's Dining Souple』。
ビルの3Fの隠れ家レストランです。

Jブリュっトロゼ

『カンパ~イ!!』
まずは淡いピンクの色がキュートなスパークリングワイン『Jブリュット』から
ピノやシャルドネの華やかな辛口。

Jブリュっト

グラスワインにお試しサイズという酒飲みには有難い(笑)?サービスがあって
グラス500円のワンコインでいただけます。
お昼から色んなワインが飲めて幸せ~!!

子牛のソテー

『レンコ鯛のポワレ』と『子牛のソテー』どちらにするかすっごく悩んで
一度は、魚を選んだのですが、ワインをいただくことにしたのであっさりお肉に変更(笑)

カベルネ

そして2杯目は、カベルネ。

ステーキハウス

その名も『ステーキハウス』!!お肉のためにあるようなワインです(笑)
子牛のお肉は、と~っても柔らかくって、ワインにも見事にマッチして至福の時間です。

30品目

ちなみにりえぽんが選んだのは、女性が好きそうな『プティランチ』。
キッシュやマグロのたたき、サラダ他、7種類の料理が食べれるセット。
1Fのワイン専門店のデリで買うと結構なお値段になりそうなものがランチで1000円。
これもそそられました~。次回、食べてみたいな~。

ビルの3Fにこんな素敵な空間があるなんて知りませんでした~。
テラス席もあって、店内は、広くて落ち着いて食事が楽しめるし、
スタッフの方の対応がとても心地よくって、いいお店です。

そして、約2時間後・・・。

チーズタルト

『タルトメッセ』というタルト専門店で、私は、チーズタルトとエスプレッソ

洋ナシ

りえぽんは、洋ナシのタルトとカプチーノをいただきました。

土曜のメニュー

そして、土曜の夜は、赤をいただく日です(笑)

今夜のワイン

カベルネをいただきました。

ミートローフ

やっぱり、赤には、お肉!!土曜の我が家の登場メニュー第一位は・・・
ダントツ『ミートローフ』です。
ミートローフの肉汁をケチャップやウスターソース、そしてたっぷりの赤ワインで
煮詰めると簡単ですごくおいしいソースができます。

ワインが進む~(笑

大根サラダ

そして、食感が楽しい大根サラダ。
シャキシャキ大根の上にカリッカリのベーコン&おじゃこ&にんにくチップスを
トッピング~!!
これもまたまたワインが進む~(笑

胃袋にとっても、ディープな1日でした。



スポンサーサイト

ハニーローストチキン

ハニーチキン

オーブンといえば、今までパンやケーキ、ピザを焼くのが主流で、
毎日のおかずを作るためには、めったに登場しなかったけど・・・

オーブンが焼いてくれている間に、他の料理が作れるし、
お肉を焼くと、余分な脂を落としてヘルシーに仕上げてくれるから
デイリーに使わない手はないですね。

親しい友人なんかを呼んで、家でわいわい酒盛りをする時に
よく作る『ハニーローストチキン』。
今夜のおかずはコレだ!!

オムライス弁当

昨夜、チキンオムライス弁当を作る時に、下準備してたから今日は楽チン!
後は、オーブンにお任せ~

ハニーチキン

ひと晩、タレに漬け込んだだけでいいお味!!
簡単でとびっきりおいしくヘルシーなチキンに変身です。

   <ハニーローストチキン>

(4人分)
・鶏もも肉・・・・・・400g
・すきな野菜


・はちみつ・・・・・・大4
・みそ・・・・・・・・大4
・おろししょうが・・・小1/2
・おろしにんにく・・・小1/2

1.鶏もも肉は、1枚を半分にカットして、フォークで所々さす。
  Aの材料を全て混ぜ合わせて、二重にしたビニール袋に鶏ももと
  一緒に入れて縛り、冷蔵庫でひと晩寝かせる。

2.クッキングシートを敷いた天板に、鶏ももの表面のタレや水分を
  キッチンペーパーで拭き取って並べ、220℃に予熱したオーブン
  で約25分焼く。

※鶏と一緒にオーブンでかぼちゃをロースト。他にもにんじんやじゃがいもを
 ローストしてもおいしい。

いただきま~す!


とろっとろの温泉湯豆腐

温泉湯豆腐

今日もほんと~に寒~い一日でした。

おまけに主人から『夕飯はいらない』って連絡が・・・。
こんな日のお決まりメニューが『湯豆腐』です。

肉系が好きな主人には、豆腐が主役で、ワンマンショー的な‘湯豆腐’は『ありえない』とか・・・。
そんなわけで、豆腐大好き!!湯豆腐大好きな私とおばあちゃんは湯豆腐をここぞとばかりに食べるのです(笑)

今回、初チャレンジした『温泉湯豆腐』!!
だし汁に重曹を入れることで、豆腐が溶けてだしが豆乳のように白くまったりして
豆腐がとろっとろになります!

豆腐

おいし~!!これは、ハマリます!!

できた豆腐は、ポン酢でいただきましたが、ごまダレでも合いそうです。
とろっとろの豆腐にうすあげももっちもちした食感になって絶品です。

おいしい上に、たんぱく質が身体を温めてくれるから、芯からホカホカ。

今日は、豆腐と菜の花とうすあげ・・・とってもヘルシーな食材でしたが、
次回は、しゃぶしゃぶ用の豚肉や他のお野菜にも参加してもらって、主人にも
食べさせて、『豆腐』の魅力をアピールしようと思います(笑)

この冬は『温泉湯豆腐』を極めま~す!



火曜の夜は・・・

花

仕事で遅くなって帰るとテーブルにお花が・・・
毎週火曜は、主人がちびたろうのお迎えに行きます。
道中のお花屋さんで『お花を買う~!!』とダダをこねるそうで
最近、いろんなお花が飾られます(笑)

生花って癒されますね~。
『花より団子』の私は、なかなかお花屋さんとは縁遠いですが・・・(笑)

・・・とホッと一息ついて、夕飯にしますか

おでん完成

昨夜、仕込んだおでんもい~感じに仕上がってそう!

と、アレレ~???私の大好きなもち巾着がすっかり食べられてない~~~。
ショック・・・。

気をとり直して、『いただきま~す』

おでん一丁

お花を愛でながらのおでん、オツですな~

ただ今、おでん仕込み中

ただ今、午前0時過ぎ・・・台所でおでん仕込み中です

おでん

明日は雪が降るとか・・・
やっぱり寒い日は、おでん食べたいな~!でもよく味のしゅんだおでんって
すぐできないんでね~。今日のがんばりは明日のおいしさに続く!!(笑)
ってわけでがんばります!

鮭と白いんげん

寒い日が続くと鍋の回数増えますね~。
我が家では、鍋で使った出し昆布を冷凍しておき、おかずにしちゃいます。
『鮭と昆布と白いんげん』もそのひとつ。

やわらか~な昆布にするには、ひたすら煮ること!
びっくりする位、やわらか昆布ができますよ。

<鮭と昆布と白いんげん>
(4人分)
・鮭の切り身・・・4切
・出し昆布・・・・50g
・しょうが・・・・1片
・長ネギ・・・・・10cm
・サラダ油・・・・大1
・白いんげんの水煮・・1缶


・水・・・・・・・1カップ
・酒・・・・・・・大3
・砂糖・・・・・・大1
・しょうゆ・・・・大3

1.出し昆布は細く切って鍋に入れ、かぶるくらいたっぷりの水でひたすら煮る。
  途中、アクが出てきたら、こまめにアク取りしながら、沸騰後、弱火で約30分煮て
  ザルにあげる。

2.鮭はひと口大にカットし、塩・コショウする。しょうが、長ネギはみじん切りする。

3.厚手の鍋にサラダ油をひき、温まったら、鮭を入れて両面しっかり焼きつける。
  しょうがと長ネギを加えて、炒める。Aを加えて、昆布も加え、こまめにアク取りし
  弱火で10分程煮て、白いんげんを加えて、5分程煮る。

白いんげん

※KALDIでよく購入する、白いんげんの水煮缶。サラダにしてもおいし~!!











あったか肉団子鍋

kafw900v.jpg

土曜の夜は、以前の会社の女3人が集まって
肥後橋にあるイタリアンバール『INCONTRO』にて新年会。

小皿料理からパスタ、すっごく美味しかった~!
特にゴルゴンゾーラソースの紫芋のニョッキ、最高~!
あのゴルゴンゾーラソースでパスタ食べたいな~
食べるのとおしゃべりに夢中でデジカメ撮るのすっかり忘れてた~

150x150_square_4964529.jpg

赤ワインはボトル2本あけて
おいしい料理にお酒におしゃべりに・・・と夢中になって、気づけば0:30!
とっくに終電はないし・・・タクシーで帰りました(笑)
あ~おいしい時間って、あっていう間に過ぎますね。
すっごいいっぱいしゃべったのに、まだまだしゃべり足りないような・・・

とてもステキなお店だったので、また行こう!

肉団子鍋


飲みすぎた日の翌日・・・日曜の夜は、あったかお鍋。
『肉団子鍋』でほっかほか。最後のしめの雑炊はいつも以上に
おいしかった~!

ガッツリおかずとさっぱり酢の物

トンテキ&2

週のド真ん中‘水曜日’の夕飯は、残りの日々を元気に乗りきるための
ガッツリ『トンテキ』とさっぱり『酢の物』と『ツナと大根の煮物』です。

昔、仕事で名古屋によく行きましたが、必ず食べて帰ったのが山本やの‘みそ煮込みうどん’
初めて食べた時には、うどんの独特なかたさ(←芯があるみたいな・・・)にびっくりし、
濃い味噌だしに『濃いぃ~』と思ったものの、キレイに完食。ハマッてしまったのでした。

コンビニでおでんを買っても味噌がついてきたり、愛知って何かと味噌がつきものみたい
今日は愛知風(?)にコッテリソースのトンテキが食べたくて濃い~ソースでからめました。

かぶの酢の物2

そして、ヘビーなお肉には、さっぱりな『かぶとじゃこの酢の物』はいかが?
これがまたおいしいんです!
それに、かぶの根には、消化分解酵素のアミラーゼが含まれているから
ガッツリお肉のサイドディッシュにもってこいでしょ!?
さらに、カロチンやビタミンC、鉄分なんかが豊富なかぶの葉もしっかり摂れるのが
ウレシイんです。
作って半日ほどおくとさらにおいしくなります。

    <カブとジャコの酢の物>

(4人分)
・カブ・・・・・3個
・ジャコ・・・・20g
・なめこ・・・・1パック
・しょうが・・・1かけ
・塩・・・・・・小1/2
・酒・・・・・・大1


・砂糖・・・・・大1/2
・しょうゆ・・・大1/2
・だし汁・・・・大2
・塩・・・・・・小1/4

1.カブは皮をむいて、厚さ1cmの半月にカットし、カブの葉は熱湯で
  ゆでて、水気を絞る。カブと葉に塩をまぶして3分ほどおく。
  葉は4cm長さにカットして、水気を絞る。

2.しょうがは千切りする。なめこの石づきをとってほぐしてザルに入れ
  熱湯をまわしかけ、酒をまぶす。

3.Aをしっかり混ぜ合わせ、カブとカブの葉、なめこ、しょうが、
  じゃこを加える。


※お年寄りで歯が弱い方には、カブの厚みを5mm程に薄くするといいです。
※画像は、ぶなピーを使用していますが、オススメはなめこです!

食べるラー油で・・・

ぴり辛こんにゃく

ちょこっと前にブームだった『食べるラー油』。
色んなメーカーがあれやこれやとラー油にひっかけた商品を
開発されてます。

かくいう私もちょっと変わった『ン???何?ナニ?』と思うものは
つい買っちゃうんですよね~(笑)
今回でもう数種類目・・・家族は、あんまり辛党ではないので
私一人で、これにつけたら?とかいろいろ楽しんでます。

今回は、S&Bさんの
<『ぶっかけおかずラー油~チョイ辛~』から油を減らしてみました(ふりかけタイプ)>
というどこまでが、商品名なのかわからない(笑)長~い名称のラー油。

ぶっかけ

その名のごとく、油がほとんど入ってなくて、フライドガーリックのザクザクした食感が
クセになります。これを使って作ってみたら、見事、ビールに合うおつまみおかずが完成!!

さぁ~1杯やりますか(笑)

<糸こんにゃくのラー油炒め>

(4人分)
・糸こんにゃく・・・・2袋
・ししとう・・・・・・20本
・サラダ油・・・・・・大1


・しょうゆ・・・・・・大2
・食べるラー油・・・・大1.5(お好みで)

1.糸こんにゃくを食べやすい長さにカットし、下ゆでして水気をきる
2.フライパンにサラダ油を熱して、糸こんにゃくをしっかり炒め、
  ししとうを加えて炒め、火が通ったらAの材料を合わせて 
  からませたら出来上がり。

赤ワインでおいしい週末

赤ワインでおいしい週末

みなさま~1週間お疲れ様でしたぁ~!!
そう、土曜の夜は、がんばった自分にご褒美として
大好きな赤ワインと料理でおいしいひと時を過ごします。

そんなひと時のためなら、ちょこっと時間がかかる料理でも
気合いでつくれるから不思議です(笑)

今夜はラザニヤを作りました。ピザなんかをつくった時に
トマトソースが余ったら、冷凍しておくとこんな時に便利・・・
あいにく、本日は冷凍ストックが全くなくて、ミートソースも
ホワイトソースも一からスタート。
時間をかけた分、おいしさもひとしおです・・・

ラザーニャと

カリフラワーのサラダと
ブリーチーズや生ハムが冷蔵庫にあったので、それも一緒に・・・。
ちょうど1年程前に飲んで、ハマッてしまったスペインの赤『AGOSTON』
濃厚でありながら甘くて飲みやすい赤ワインを先週の日曜日、アウトレットモールで
一目ぼれして衝動買いしたワイングラスでいただきました!!

AGOSTON_convert_20120115010817.jpg

あ~おいしい週末!!また来週もがんばれるって気がします!

<たっぷりほうれん草入りラザニヤ>

(4人分)
・ラザニヤ・・・10枚
・ピザ用チーズ・・・適量

<ミートソース>
・合びきミンチ・・・300g
・玉ねぎ・・・・・・1個(みじん切り)
・にんにく・・・・・1片(みじん切り)
・ほうれん草・・・・1束(4cm幅にカット)
・オリーブオイル・・大1~2
・トマトソース・・・1缶
・赤ワイン・・・・・1カップ
・マギーーブイヨン・1個
・砂糖・・・・・・・大1
・ケチャップ・・・・大3
・ウスターソース・・大3
・塩、コショウ

<ホワイトソース>
・牛乳・・・・・・・450ml
・薄力粉・・・・・・大3
・ウェイパー・・・・小1
・バター・・・・・・小2
・塩・コショウ

1.(ミートソース)
  フライパンににんにくとオリーブ油を入れて弱火で炒め、香りがしてきたら
  ミンチ、玉ねぎを入れて中火で炒め、火が通ったら、ほうれん草以外の材料
  を全て加えて15分程煮詰め、ほうれん草は火をとめる5分程前に入れる。

2.(ホワイトソース)
  厚手の鍋に薄力粉を入れて、牛乳を少しずつ加えながらホイッパーでしっかり
  溶きのばす。他の材料も全て加えて混ぜ合わせ、強火で、絶えずホイッパーで
  混ぜながら沸騰させる。沸騰後、中火にしてさらに混ぜ続け、液体がトロッと
  するまで、煮て、塩、コショウで調味する。

3.鍋にたっぷりの湯を沸かして、塩適量とラザニヤのくっつき防止にオリーブ油
  を大1入れて、ラザニヤを入れ、表示より少しかためにゆでる。

4.耐熱容器にオリーブ油を小1ぬり、ラザニヤ、ミートソース、ラザニヤ、ホワイトソース
  と順に重ねていき、最後にピザ用チーズをまんべんなくのせて、240℃に予熱しておいた
  オーブンで焼く20分焼く。

イタリアンのメニュー再現

白子のフライ

本日の夕食はししゃものフライ。
買い物の時にたまたまあった『タラの白子』を見て
即座に買い物カゴへ・・・。

昨年、訪れたとあるイタリアンの前菜メニューの中で
一番のお気に入りで家でもチャレンジしてみたい!!と
思ったのが、『白子のフライ』だった。

その日以来、私の料理チャレンジリストにピックアップ
されていたので、すでに決定しているししゃもフライに
『白子のフライ』も本日のメニューに参戦したというわけ・・・。

今回は初挑戦、さらには料理法を下調べすることなく
単にイメージ!!で、『白子のフライ』へ突入することに・・・。

調子よく、続々と仕上がっていくししゃもフライ。
塩、コショウで下ごしらえした白子をふと見ると・・・
塩がかかった部分がもともとの白さからさらに白く膨張したように
浮き上がっているではないか!!
・・・『気持ち悪・・・』(思わず内心叫んだ)

おそらく塩の浸透圧の加減と思うが、もともとがグロテスクな形状
(白子ちゃんごめんね!許して!)な上に、さらに不気味度が増して
なんとも言えぬ風情だったのよ・・・。

しかし、おいしい記憶は大したもんで、あの時のイタリアンの
『アレを食べたい!!』という思いの強さの方が
気持ち悪さを打ち負かして、めげることなく私を続行させた。

しかしながら、薄力粉を軽くまぶした白子を揚げ油の中へ投入してから
まもなく『なんじゃ、こりゃ~??』というような
真っ黒で不気味な物体が油の上に膜を張っているではないか!?
(アニメの妖怪人間べムの挿入歌の時に、不気味な紫の液体が
 ブクブクしているシーンにそっくり・・・)

揚げ物に迷いは禁物・・・というか、時間が勝負なので
めげそうなココロにカツを入れ、掬い杓子で黒い膜をすくう。
しばらくしてひきあげた白子もちょっと黒っぽい仕上がりだったけど
もう1バージョンの衣をつけて揚げた場合は大成功!!
衣はサクっ、噛むとジュワ~っと濃厚な白子が口の中に広がって最高!!
レモンをキュ~っと絞って、ビールといただいたら至福のひと時です。
お家でイタリアンメニュー再現できました~!!
(※画像の右奥が、ちょっと黒っぽい仕上がり。味は悪くないけど、見た目がね・・・笑)

ししゃも


(2人分)
・タラの白子・・・1パック

<衣液>
・卵・・・・・・・1個
・薄力粉・・・・・70g
・日本酒・・・・・70g

1.白子は、ひと口サイズ位の大きさにカットして、塩、コショウする
2.<衣液>の材料をボウルに入れ、混ぜ合わせて、白子をくぐらせ
  180度位の油で揚げる。

(※ししゃもフライは、ししゃもを衣液にくぐらせた後、パン粉をつけて揚げました。
  画像手前の白っぽいのは、衣液だけで揚げましたが、パン粉があったほうがサクサクおいしい。)






  

魚・さかな・サカナ

アブラカレイ

その名は『アブラカレイ』
聞いたことのない名称だったけど、ソテーにしたらおいしそ~だったので購入。

塩・コショ~して、薄力粉をまぶしたアブラカレイをサラダ油とバターの入った
フライパンへジュッ・・・。グツグツ焼けるいい香り。両面こんがり焼いてお皿へ。

出来上がりにレモンをジュワ~ッと絞って食べるとさっぱりして想像通りおいしい。

驚いたことに魚嫌いなちび太郎が手で鷲づかみして食べている。
・・・『サカナおかわり!』・・・
なんとありえないことに、おかわりもぺロリと平らげてしまった!

『アブラカレイ』・・・その名のごとくアブラののったカレイ(が名の由来らしい)
クセのある青魚と違って、サカナ好きにさせる第一歩かも!!

寒い日のあったかスープ

かす汁


うわ~今日も一日寒かったですね。
マイカー通勤の私なんかはまだいいほうで
車中の中から電車通勤の方やさらに学生さんが歩いている姿を見ると
こっちまで震えてしまいます・・・

学生の時って、学生服の上にコートを着るわけでもなく
下にあったか素材の『ババシャツ』(←今は死語ですね(笑)
俗に言う『ヒートテック』というヤツです)
を着て、マフラーや手袋くらいで登校していたんですから
今では考えられないですが・・・。

さて、そんな寒~い一日をのりきった後は、あったかスープ!!
といっても洋風スープではなくジャパニーズスープ『かす汁』
をいただけば、酒かすと唐辛子効果で冷えた身体も芯から温まりそう!
鮭や大根、にんじん、こんにゃく、ちくわ、うすあげ・・・とたっぷり
具沢山なのもウレシイ。

おかずには、『小松菜の中華炒め』と『納豆巾着』。

納豆巾着は、納豆ビギナーや納豆嫌いな方にもオススメです。
納豆のあの臭みを緩和させるポイントは、た~っぷりの刻みねぎ、ゴマ、
じゃこを加えること。色んな食感も楽しめ、納豆臭が和らぎます。
納豆と具材、添付のタレも一緒に入れて混ぜ混ぜ・・・

ネバネバし~っかり糸をひくまでまぜこんだら、うすあげ巾着に入れて
爪楊枝で口をおさえ、熱したフライパンに油をひかずに焼くだけの
簡単すぎ~!!の料理です。

ちび太郎には、納豆と一緒にごはんも混ぜこんだ納豆ごはん巾着にしました(笑)

さて『小松菜の中華炒め』は、あの<タニタの社員食堂>のレシピですが
すっごく気に入ってて、よく作ります。これまた簡単でおいしいので試してみてください。

   <小松菜の中華炒め>

(4人分)
・小松菜・・・・2束(3cm幅にカット)
・長ネギ・・・・10cm(粗みじん切)
・豚ミンチ・・・100g
・サラダ油・・・小2

A
・中華スープ・・・60cc
・塩・コショウ・・少々
・豆板醤・・・・・好みで

・水溶き片栗粉

1.強火のフライパンでサラダ油を熱し、長ネギ、豚ミンチの順に炒める。
  肉に火が通ったら、小松菜の茎、葉の順に加える。
2.Aを加えてひと煮たちしたら火をとめ、水溶き片栗粉を入れ、再度
  火をつけ混ぜながらとろみづけする。


<%plugin_third_title>

<%plugin_third_description>
<%plugin_third_content>
プロフィール

アロアロ

Author:アロアロ
おいしいもの、楽しいコトが大好き!!
趣味が高じて、パティシエ、ジュニア野菜ソムリエの資格も。楽しむための人生!!をモットーに日々、色んなことに
挑戦中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
ブログランキング
FC2ブログランキング
温泉宿名人
予約宿名人
簡単レシピ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。